イメージ-michi.jpg

イメージ-jeb_103.jpg ED薬における勃起不全を治療する各成分は根本的に効能が同じですが、その作用が起こる時間には差があります。例えば、レビトラに含有されている成分である塩酸バルデナフィルと、バイアグラに含まれる成分であるシルデナフィルクエン酸塩を比較してみましょう。

バルデナフィルは飲み物によく溶ける性質を持っているので、服用したり舌の下に置いて置いても体内への吸水が速く、約30分経過するとすぐに効果が現れます。

シルデナフィルは服用後1時間、長ければ2時間ほどで効能が現れるため、効果がないと考えている人もいるほどですが、即効性を求めていない方の使用にうってつけです。

この薬を使用するにあたって問題がない方は、用途に応じて薬を選択し服用することができるでしょう。

副作用においてはレビトラが、メリットがあり弱い方だと言われています。特にバイアグラと比較すると、その違いが大きく分かるそうです。血圧を気にしている方や年齢が高い方は副作用に敏感だと思いますので、レビトラを処方されることを好む方が多いそうです。高齢のED患者の方には、最初にバルデナフィルの最低強度である2.5 mgから開始し、服用後の副作用と薬の効能をチェックしながら5mgに薬の強度をアップグレードし、徐々に10 mgと20 mgを処方します。

服用においては、バイアグラはデメリットがあり食べ物からの影響をよく受けます。そのため、使用前にどんな食事をいつ摂らなければいけないのか悩みが常について回りますが、レビトラは簡単な食事であれば影響を受けることがないため、薬の摂取と関係なく食事ライフを楽しむことができるという利点があります。どんなED治療薬を使用しようと薬の服用のタイミングは、食前が推奨されています。