イメージ-michi.jpg

イメージ-jeb_102.jpg 多くの人々がEDとED薬について勘違いしていることがあります。勃起不全の症状が起こったとき、バイアグラを飲むとすぐに性行為をすることができているという誤った知識があります。体内には勃起を妨げる酵素があります。その酵素が勃起を妨げることで勃起不全になるのです。

バイアグラという薬の成分であるシルデナフィルは、勃起を抑制させる酵素の働きを妨害することです。勃起を起こす原因については、何の作用もありません。

つまり性的興奮を自分で感じなければ、ペニスが勃起しないということです。バイアグラを飲んで性行為に成功したとしても、バイアグラが性的興奮状態を作ったわけではありません。また、勃起の原因を提供したわけでもありません。

媚薬の役割のように性的興奮を発生させたり、増幅させる効果はありません。

また、精力剤のように自分のスタミナをアップさせる役割もないので、ED薬の作用について混同しないでください。

バイアグラに含まれているシルデナフィル成分の効果は、体内の血行を改善することで陰茎へと血液が集まり勃起を促進させるという役割までです。

血流の改善が可能であることに着目し、女性がこの薬を服用している場合もあります。この薬を飲むと女性に直接的に作用し性的興奮が増大するわけではありませんが、血行が改善される効果によって女性器の周りの神経を刺激し、その間接的な副産物として性的興奮が高まる可能性があるという研究が現在行われています。近い未来、この研究が証明され女性も使用できるバイアグラが発売されるかもしれません。